美白化粧水とはどんなもの?

巷には、美白化粧水や美白クリームなどが色々と売り出されています。
美白と聞くと、その化粧水を付けていれば、色白になるのかと思ってしまいますよね。
実は、美白化粧水や美白クリームの主な目的は、日焼けによるシミやそばかすなどを防ぐこと、そして日焼けによってできてしまったシミなどを薄くすることです。
ですので、日焼けなどによるシミやくすみを、元に戻すという効果はありますが、元の肌より色白にしてくれるわけではありません。
ですが、肌を元より白くはしてくれませんが、シミやくすみを薄くして透明感のある肌にすることによって、瑞々しい美しい肌になるのは確かです。
肌に透明感が出ると、色が白く見えるという効果もあると言えるでしょう。
肌のシミやくすみの原因は、主に太陽に当たることから来ます。
日焼けするつもりはなくても日々の生活で少しづつ太陽に当たりますし、それがメラニンとして蓄積されてしまいます。
美白化粧水に含まれる成分が、メラニンの生成を抑制してくれるので、シミ予防になりますし、出来たシミも少しづつ薄くして行くのです。
美白化粧水やクリームと言われているものには、どのような成分が含まれているのでしょうか。
よく使われているものは、ビタミンC誘導体、アルブチン、トラネキサム酸、プラセンタエキス、カモミラET、コウジ酸などがあります。
こういった成分は、肌の新陳代謝を促し、メラニンの生成を抑制したりしてくれます。
このような成分が入っている美白化粧水やクリームは、医薬部外品になります。
どのような美白化粧水を選べば良いのでしょうか。
まず一番大切なことは、美白成分が入っているかどうかでしょう。
パッケージに医薬部外品と表示してあるかどうかでも判断できますし、店員さんに聞いてみるのもいいかもしれません。
人気のものをいくつか挙げてみましょう。
●アクアレーベル ホワイトアップローション・・美白と保湿に優れている化粧水です。
美白成分のトラネキサム酸、Wヒアルロン酸が配合されています。
●キュレル 美白化粧水・ややしっとり・・美白成分のビタミンC誘導体が配合されています。
敏感肌の人にもやさしい化粧水です。
●雪肌粋・・ハト麦や枇杷葉等の和漢植物とグリチルリチン酸誘導体が配合されています。
ロングセラー商品です。