小便小僧の雑学

一糸まとわぬ姿で小便をしている姿が像とされた小便小僧。この銅像ですがどのようにしてこのような形に作られたのでしょうか?その理由を考えたことがあるでしょうか?
普通に考えたら像にされた側からしたら恥ずかしい物。意外に思われるかもしれませんがこの銅像は栄養称えるために作られたと言われています。小便小僧は英雄の証という理由について紹介していきますね。
現在では世界各地に存在する小便小僧ですが、その発祥は1619年のベルギーにあると言われています。
1142年に起こった紛争にて、ブリュッセルの街が爆破されようとしている最中、ジュリアンという少年が小便で爆弾の導火線を消したと言われています。それが街を作った英雄だと言われている理由ですね。
また、もう一つの説として、当時2歳だった将軍の子どもをゆりかごに乗せて戦場の木にぶら下げることで、兵士たちにやる気を出していたと言われています。そこに襲いかかってきた敵兵士に対して、2歳の子が小便をかけて撃退した。という逸話もありますどれが本当なのか今のところ分かっていません。ですが、小便によってなかなか面白いお話ですよね。それにしてもどうしてこの銅像が日本にあるのかは謎です。