寝つきをよくする方法

どのような方法で寝つきをよくすることができるのか、大学生時代から今までずっと悩んでおりました。中学生や高校生といった思春期の頃は部活で疲れていたせいもあり、「寝つきが悪い」「全く眠れない」「途中で起きてしまう」ということは一切なかったのです。
一度眠ると最低でも8時間は目覚めることなく、電車の中でも授業中の机の上でも「気付いたら寝ていた・・・」と直ぐに眠れていたのを覚えております。しかし、大学生になって部活をやめてギャンブルにはまり、身体を動かさなくなってからというもの、寝つきが一気に悪くなってしまいました。
社会人になってからはデスクワークが中心なので身体が疲れておらず、それが原因で寝つくことができないのかもしれません。このままでは疲れを取れず、仕事やプライベートなど日常生活に支障が出るかもしれないと危機感を覚えたので、インターネットで紹介されていた寝つきがよくなる方法を実践してみました。
就寝時に体温を下げて眠りにつきやすくなるメカニズムを利用して1時間前くらいに入浴して身体を温める
体内時計の乱れを防ぐために毎日決まった時間に寝て起きるというサイクルを心掛ける
テレビやスマホなど眠りを妨げるブルーライトの画面を就寝前はなるべく見ないようにする
今後の人生の目標や成果の分析など眠りに付く前に布団やベッドの中で瞑想してみる
自律神経の副交感神経を優位にしてリラックスを促すために簡単なストレッチを行って身体を解す
脳を覚醒させるカフェインの摂取を避けるためにコーヒーや紅茶などの飲料を飲まないように心掛ける
YouTubeで快眠BGMをうるさくない程度に部屋の中で流す
体温を下げる働きのあるグリシンや気持ちを落ち着かせるGABAといった成分を摂取する
寝室の温度や湿度を最適な状態で保ってスムーズに眠りにつける環境を作る
上記のような寝つきをよくする方法を実践してみて、以前と比べて少しは改善されたような気がします。
サプリメントを使って寝つきをよくしよう
上記のような寝つきをよくする方法を毎日欠かさずに行うのは少々難しいかもしれません。私も「ストレッチが面倒くさい」「夏場の入浴は面倒くさい」と途中で断念してしまった方法はあります。
そこで、快眠サプリメントを使用するのも選択肢の一つで、ぐっすりと眠るサポートをしてくれる成分が豊富に含まれているのです。インターネットで調べてみると、通販では様々な種類の快眠サプリメントが販売されていることが分かりました。
どの製品でも医療機関で処方される睡眠薬とは異なり、副作用のリスクなく安全に摂取できるので寝れないという悩みを抱えている方におすすめです。