喪服を買う時に困らない方法

大切なご家族が亡くなられた時、葬儀社に連絡をして、まずはじめにすることは、葬儀の日取り決めです。
でも、友引に葬儀をしてはいけないと聞いたことはありませんか?
結婚式には大安吉日を選ぶ人が多いと思いますが、葬儀の場合はどうなのでしょう。
葬儀をする際避ける日があるのか、友引とは何か、また昔からの迷信や友引のために葬儀ができないときはどうすればいいのかについてお伝えしていきます。
葬儀をする際に避ける日はない
結論から申し上げますと、葬儀をする際に避ける日はありません。では、友引に葬儀をしてはいけないというのは、どういうことなのかみていきましょう。
友引とはなにか
まずは、友引とは何ぞやからお話しします。
友引は、「ともびき」と読みます。六曜の一つで、本来の意味としては、何事も勝負がつかない日のことを言います。朝と夕は吉ですが、11時~13時は凶とされています。一般的には、結婚式等のお祝い事には吉の日である一方、お葬式には凶日となります。
六曜について
六曜は、中国の時刻の吉凶を占うものが起源とされ、鎌倉時代末期ころに日本に伝来しました。
六曜には、二つの意味があります。一つ目は、一日の中で縁起の良い時間すなわち「吉」と、縁起の悪い時間すなわち「凶」を指します。二つ目は、縁起の良いとされることと悪いとされることそのものを指します。
六曜は六種あり、大安、友引、先勝、先負、赤口、仏滅の順に縁起が良いと考えられています。
それぞれの意味を簡単に説明しましょう。
大安:読んで字のごとく、「大いに安し」と言われ、あらゆる物事に良いとされる日です。結婚式や入籍、開業などの慶事にこの日を選ぶ人は多いといえます。
友引:六曜の起源となる吉凶占いの時からは意味が変化しています。江戸時代の暦では、「共引」と表記していました。
先勝:「せんしょう」あるいは「さきがち」と読みます。午前は吉で、午後からは凶とされ、急ぎごとや願掛け、また訴訟、勝負事にも吉とされます。
先負:「せんぶ」あるいは「さきまけ」と読みます。負けるという字がついているため凶日と思われがちですが、六曜の中では吉日です。午前は凶である一方正午からは吉とされます。
赤口:「しゃっこう」「しゃっく」と読みます。実は、仏滅よりも悪い六曜の中の大凶日です。11時~13時以外は凶とされ、大事を行うには良くないので、祝い事は避けるのが賢明です。
仏滅:よく知られている「ぶつめつ」は、最も縁起の悪い大凶日です。江戸時代の暦では、「物滅」と表記されていました。
しまむら喪服安っぽい